左にMENUを表示する 上にMENUを表示する
>>P.1   >>P.2   >>P.3   >>P.4   >>P.5   >>獨逸学協会学校校歌
獨逸学協会学校校歌

獨協校歌の作曲者・東儀俊龍(1865〜1927)は宮内省雅楽師。東儀鉄笛のあとをうけて音楽教師(明治39〜大正4年)。のち楽師長。仁太郎の指示で明治36年前後に校歌作曲。
嗣子俊輔も音楽教師(昭和8〜12年)。大村の弟・恕三郎(明治26〜38音楽教師)も宮廷雅楽師となったが明治38年退職、本願寺系の相愛女学校教師になり洋楽家として大成。恕三郎の妻が俊龍妻の妹。
作詞は実は大村から依頼された志田義秀(明治36〜40国語教師)が恩師芳賀矢一の校閲・補佐を得て芳賀の名義で発表した。語学雑誌や戦前一部の卒業アルバムは志田作詞に直している。志田はのちに旧制六高教授、「日本類語辞典」編者、文学博士。


明治調の本格赤煉瓦の塀もゆかしい協会学校中学の校門と校旗

>>P.1   >>P.2   >>P.3   >>P.4   >>P.5   >>獨逸学協会学校校歌